日本熱源システムの環境配慮型製品シリーズ 地球にいいね!
地球環境に優しい冷凍機を皆様に

フロンガスと地球温暖化

オゾン層破壊と地球温暖化の問題は、地球環境を取り巻く最も深刻な一面として、クローズアップされつつあります。 冷凍機が冷媒として用いるフロンガスが、原因の一つであるとして、2020年までに国際条約であるモントリオール議定書で既存のフロンガスのうちR22などHCFCの全廃が義務付けられています。 しかし、その期限が迫りつつある中、日本では明確な代替策が見えないまま、まだ多くのR22の冷凍機が運用されています。 全廃対象となっていない、R134aやR404A、R407C、R410Aなどの代替フロンについても地球温暖化係数は極めて高く、問題の根本的な解決に寄与しません。 そうした中、欧米では代替フロンに対する規制を強めており、日本でも2015年4月に施行された改正フロン法によって、より厳しい管理が義務付けられるようになりました。 フロンガスの使用環境がますます厳しくなる中、待ったなしの根本的な問題解決が求められています。

日本熱源システムのサイトからカタログPDFをダウンロード
お客様の声