日本熱源システムの環境配慮型製品シリーズ 地球にいいね!

アンモニア冷凍機 ブルーアストラム Q&A

ブルーアストラムの特徴は何ですか?

自然冷媒のアンモニアを使用した大型のチラーユニットです。

冷却能力と機種はどうなっていますか?

400kWから1800kWまで全部で7機種ご用意しています。

省エネ性能はどうですか?

全機種インバータを搭載していて、特に部分負荷運転の時に高いCOPを発揮します。

季節ごとの条件の変化を計算した年間COPは8.4になります。お客様からは、従来のチラーユニットに比べて約30%以上消費電力が下がったという声を頂いています。

冷却温度域はどうなっていますか?

-15℃から+15℃までです。氷点下域はブラインを冷却します。

工場などの-15℃までのプロセス冷却、氷蓄熱システム、0℃前後のチラー水の生成、空調の冷房用としても最適です。

アンモニアって毒性があって刺激臭が強く危険ではないですか?

ブルーアストラムはケーシングと除害設備を一体化した安全設計です。

アンモニアは毒性があり刺激臭もあります。ブルーアストラムではアンモニアが万が一漏れた場合の除害設備を一体化しています。アンモニアを外に漏らさず除害設備で無毒化するパッケージとなっています。

なぜアンモニアなのですか?メリットはあるのですか?

アンモニアはオゾン層破壊係数も地球温暖化係数も共にゼロの環境に優しい冷媒です。また冷却能力の面でも最も優れた効率を発揮できる冷媒で、省エネ性能でも最も優れているのです。

アンモニアの充填量はどれくらいですか?

1000kWの冷却能力のブルーアストラム1000型の場合、78㎏で、ボンベ2本にも満たない量です。冷媒充填量を限界まで少なくすることで高い安全性を確保しています。

設置工事はどうなっていますか?

ブルーアストラムは工場からパッケージとして出荷されますので、現場では水配管と電源の接続のみと簡単です。設置工事は短い日数で終わります。

大きさはどうですか?

ブルーアストラムは標準的なドアで出し入れできる断面積です。

ブルーアストラムは400kWから1800kWと大きな冷却能力に比べて、外形寸法はとてもコンパクトになっています。各機種は幅が1000mmから1200mmとなっていて、高さは2100mmから2400mmとなっています。既存の冷凍機を入れ替える場合でも、搬入ドアから入るよう断面積を出来るだけ小さくしています。

例:ブルーアストラム 1000型
 5.0 x 1.0 x 2.1 m (LxWxH)

騒音値はどうですか?

ブルーアストラムは全機種ケーシングを装着しており、騒音値は格段に小さくなっています。
ブルーアストラム500型の場合、79dB(A)です。

どういったところで導入されていますか?

化学工場、食品工場、アイスクリーム工場などに納入させて頂いています。