日本熱源システムの環境配慮型製品シリーズ 地球にいいね!

CO2冷凍機 スーパーグリーン

スーパーグリーンは二酸化炭素・CO2を冷媒とする新しい冷凍機システムです。

用途
  • 冷凍冷蔵倉庫
  • 凍結装置
  • スーパーマーケット
  • コンビニエンスストア
  • 食品のプロセス冷却

スーパーグリーンは二酸化炭素(CO2)を冷媒とする新しい冷凍機システムです。 CO2は自然冷媒でオゾン層破壊や地球温暖化に悪影響が無い上、無味無臭で無毒のため、自然環境に配慮しながら安全なシステムが構築できます。 スーパーマーケットやコンビニエンスストア、物流倉庫、冷凍倉庫、フリーザーや食品プロセスの冷却など様々な分野に対応できます。 最新のシステムとしてヨーロッパを中心に急速な広がりを見せています。

CO2はガスの圧力が高いため夏の猛暑がある日本への対応は課題がありましたが、日本熱源システムでは、ヨーロッパの技術を取り入れつつ日本の気候に対応するシステムの開発に成功しました。 フロンガスに比べて運転コストも15%以上削減できます。 すでにスーパーマーケットや食品工場にも納入をしており、平成28年度環境省補助金の交付認定を受け、3社4事業所様向けに冷蔵倉庫用、冷却システムの納入が決定しました。現在鋭意製作中です。